二宮攻略結婚/魔性・伊藤綾子さんの自分の魅せ方、勝ち取る才能はこれ!その2応用編!

芸能全般

前回の記事は→こちら

みなさん、お待たせしました!前回書ききれなかった

二宮との結婚、伊藤綾子アナ、魔性と評価、したたかさのエピソードその1

の続編を書きますね。大型アイドルの奥様の地位を手に入れるのは、ボーっとしているだけでは、なかなか手に入りません。そう、ボーっといきてるだけでは。ぼーっと生きてるだけでは、そう、ボーっと生きているだけでは・・・・

管理人の調査で分かってきたのは、伊藤綾子さん、まず、地方のTV局のアナウンサー出身で、地方時代から、人気があったということですそっからの一念発起で、フリーアナウンサーとしての上京ですから、相当の内に秘めた闘志があると考えるのが普通です。仕事をこなしながら、

最高のご主人を、この東京で捕まえる。


そのためにはどうすれば良いのか
日々考えながら過ごしてきたんだろうと思います

そこで、管理人が伊藤綾子さんに成り代わって、想像するならば、自己分析から始めたと思うんですよ。自分には、何が強みで、何が弱みか、

元々、なかなかの美人の方ですので、外見に関する悩みは、ほぼないと思われる、というのが、管理人の見解ですね。これは強みです

そして第二に、どんな男性が好みか、欲しい男性、いくら有名金持ちでも要らない男性、そこをしっかりとさせた。

そしてあとはどう言動を取って、良いポジションを取るか、という事に集中して戦略を練って実践してきた。

その言動スキルは、自分の背景をネタにしても居たようです。例えば、好みでないBIGな有名人や金持ちに飲みに誘われても、「私は田舎出身なので、そういうノリにはついていけなくて・・・」と、断る言動。

そうかと思えば、自分に気があるんじゃないかと勘違いする男性スタッフが多かったそうなんです。どうしてそうなのか。とにかく会話するときの距離が近いから狙っている男性や、協力者として力になってくれるスタッフを、味方にする攻めのテクニックを使っていた、ということではないでしょうか。


しかし、これは、そんなに難しいことでしょうか?男に気を持たせる技術など、そこらへんの女性は、若い頃からやってます。

そして最後に、理想の男性が、どういう女性の言動を求めているのか、ここは、コミュニケーションと気配りや気遣い力、そして「観」です。一般的に、直観力というのは、女性の方が、男性よりも圧倒的に優れている、と言われています。

そしておまけ程度に、年上ということを逆手に取って、二宮さんを上手く立てながらリード、サポートしていったという事ではないでしょうか。

これだけの勝因があれば、天下の嵐も、この

伊藤綾子さんの胸に、うずくまりたくなってしまった

、ということでしょう。

女性は、好きな男性に対しては、仕掛けられているようで、仕掛けている、ということもありますしね。

と、引用元のNEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20160707_427886.html

を参考に、伊藤さんの立場や気持ちになって、勝利の方程式を、男性の私が、大推理してみましたがどうでしょうか。特別、ダイナマイト級の大技を繰り出した訳ではないと思うのです。最初のポジショニングに成功し、そこから正攻法+頭を使って、狙いを定めて攻めていった。これだけなのでは。そう思います。

ですから、一般女性のみなさんでも、近くにいる好みの男性のハートを鷲掴みにする事は出来るのです

伊藤綾子さんの教訓を胸に・・・・日本女性よ、勇気を持って!と思いました。アイドルと近づきたければ、芸能界というポジショニングは、大事になるのだけどもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました