沢尻代役3強決戦!徹底解説、蒼井優VS貫地谷。広末厳しめの理由とは?

芸能全般
Pocket

前回の記事は→こちら

11月20日早朝。NHK側から、代役はこの三人、という発表がされたようだ。複数のメディアが伝えている。
その3人というのが、

雰囲気美人+オーラ+演技力 の蒼井優さん!大河ドラマ(時代劇)経験豊富な貫地谷しほりさん!そして、強力な共演者との縁がある、広末涼子さん、この3人!基準は時代劇経験がある人(できれば大河ドラマ)byNHKのコメント

まずは、大本命、蒼井優(34)さんから可能性を見てみよう

まず、このニュースが出た時のネットの反応ともダブるのですが、管理人もほとんどネットの声と一緒なので、同じ意見として書きます。蒼井優さんといえば、雰囲気美人の日本代表雰囲気美人を通り越して、オーラすらまとうその雰囲気は、存在感としても強いものがあります

大河ドラマの経験は意外と浅く、1回のみ。2010年の福山雅治主演の「龍馬伝」に、出演しています。

そして、雰囲気だけではなく、絶賛されているのが、演技力物凄い、強いインパクトを残すわけではないですが、役に求められる演技をしっかりと残す、安定安心の地位を築いています。ですから、一応主役も出来ますが、有名ドラマの脇役や準主役として、地道に今の地位を築いたとも言えます。そういう意味では、代役という難しい局面でも、持ち前の経験と対応力で、こなしてしまいそうなのが、蒼井優さんなのです。

山里亮太さんとの結婚も、地味に印象が良くなりまして、印象的には、山里亮太の露出が、2019年の今年は、多かった気がいたします。「えっ、山里ってこんな冠番組持ってたっけ」「あっちにも山里、こっちにも山里」・・・と思ったのは、管理人だけでしょうかね?

これは、山里亮太さんの実力と信用も、もちろんありますが、蒼井優さんの好感イメージも影響しているのでは?と思っています。単なるブームで終わらない感がありますよ、このお二人には。出川さんですら、冠番組持つのに、25年近くかけて、やっとひとつですからね。今年大人気ですけど(笑)

そういう面でも、もし、今回の代役が決定し、うまくこなし切れば、「何でもこなす、蒼井さん」「困った時の蒼井さん」という地位を、絶対のものにすることは、間違いないでしょう。

管理人はイチオシ!大河ドラマ経験豊富(4回)な、NHK組、貫地谷しほり(33)さん

何と言っても、管理人が、このお三方の中で、一押しするのは、NHK組NHKによく出演=NHKに好かれている、慣れている、NHKが求める基準を満たしている、スキャンダル性が薄い、ない)、貫地谷しほりさんです!

なんと、大河ドラマ出演は4回、朝ドラヒロイン1回という熱の入れようで、むしろ、愛らしいルックスにもかかわらず、民放ドラマや芸能界全般での知名度や格は、イマイチ、という、まさに、「NHKの秘蔵っ子」「ほとんどNHK専属女優」とも言っていい存在です。

管理人の記憶に残っているのは、大河ドラマ2007年の「風林火山」。ここで、主人公の前半生のヒロインとなるのですが、愛らしい農家の娘を、サクッとこなします。現代的というよりは、時代劇もこなす清純派の娘、として、しっかりとこなしてくれました。その後、清純派の代名詞、朝ドラのヒロインへ・・・以後、NHKドラマには欠かせない存在となります。

しかし、そんな彼女ももう気がつけば、もうすぐ34歳。大人のコメントや立ち居振る舞いも、番組の中では増えてきました。気の強いキャラクターも、未知数ですが、やってみれば花開く可能性は、十分アリと、管理人は思います。無駄に歳をとってきたとは、思えません。

気の強いイメージや気高さや気品、美しさという面では、沢尻エリカに負けず劣らずの広末涼子(39)さんは、NHKや大河や急な代役に適応できるかどうかが、カギです!

そうです。もっとも、NHKが描いていた、今回の濃姫のうひめ像に近いのは、広末涼子さんだと思っています。沢尻さんを除けばです。みなさんも、似た感想をお持ちではないでしょうか。
タイトルに、何故そうなのか、書いてしまいましたが、問題は、NHKや大河や急な代役に適応できるかどうかが、カギです!

大河ドラマの経験は、こちらも蒼井優さんと同じ2010年、福山雅治主演「龍馬伝」での1回のみ。演技力という面では、アカデミー賞外国語部門最優秀賞という、20年に一度級の快挙を成し遂げた、本木雅弘主演「おくりびと」で、ヒロインを務めました。しかし、国内的には、なにかイマイチ足りないのか、格が上になってしまっているので、許されてしまっているのか、「ザ・女優」という感じがしません。

ではなぜ残された三人の中に残ったかといえば、この伝説の映画「おくりびと」で、夫婦役を務めた、大俳優「本木雅弘」さん(53)の存在です。本木雅弘さんは、国内でも人気、実力ともに、トップ中のトップで、その本木さん(斎藤道三)の娘役、ということですから、二人の息はピッタリなのでは、ということです。世間的にも、その組み合わせは、見たいと思う人も多く、話題にもなります

しかし、それ以外の理由が、前に上げたお二人に比べ、弱いかなと管理人は見てます。それが、「広末さんは厳し目か」とのタイトルの理由です。

ただ、繰り返しになりますが、本人の対応力次第、都合次第、ということです。

皆さんは、どう思われたでしょうか。まだまだ、この話題、続きそうですね。誰がなっても、難しいですが、頑張って欲しいものです。応援しています。それでは!

追記:11月21日。代役は川口春奈さんになりました。これまでのNHKのコメントは何だったの?と思わざるを得ません。詳しくは→こちらをどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました